フランチャイズのリスクとは?

売上予測の売上が達成できない

会社などで営業職をするとき、少なからずノルマや目標が提示されます。それぞれの会社は会社全体の売上が目標として出されます。その売り上げを事業所に予算として与え、さらに個々の営業担当者に与えられます。ノルマを達成するためにいろいろ努力をしないといけません。会社ではなく独立をしていお店の運営をするときがありますが、この時にフランチャイズでの運営を選択するかもしれません。大手のお店の看板が掲げられ、ノウハウなども利用できます。初心者であっても比較的楽に運営ができるのがメリットです。リスクとしては、必ずしも売上予測通りの売上が上げられない所でしょう。本部から事前に予測が出されるのでそれを達成する必要がありますが、達成できなければいろいろな指導を受けなければいけません。

人材をうまく調達できない可能性

フランチャイズビジネスとしてよく知られるのがコンビニです。すべてのコンビニが行っているわけではありませんが、多くは24時間営業、365日開店で運営しています。常に休みなくお店は営業している状態です。店主が一応運営責任者になりますが、さすがに常に店頭に立つわけにはいきません。店主以外の人にも協力してもらう必要があります。24時間営業のコンビニを運営するときのリスクとして、人材の確保があります。アルバイト店員などを一定人数確保する必要があります。深夜勤務などは時給が高くなるものの、必ずしも希望する人が多いわけではなく、人がいなければ自分で行う必要があります。どうしても足りないときは本部などに助けを依頼しないといけないでしょう。

© Copyright Franchising Right. All Rights Reserved.