フランチャイズって儲かるの?

フランチャイズについて

最近お店の業態でフランチャイズという言葉を良く見かけるようになりました。フランチャイズに興味を持っている人も多くなっているのが実情ですが、フランチャイズとはどういった業態なのか、そして実際に儲けることが出来るのかについてチェックしていきましょう。 フランチャイズというのは大元であるフランチャイザーが、お店を持って自分で営業したいと希望するフランチャイジーに自分の支店の営業権を与えるという業務形態です。ある一定の条件がありますが、その条件さえ満たせば店長の自由にお店を営業できるのが一般的な支店との違いです。 そして店を貸している大元の企業はそのお店の売り上げの中から一定のロイヤリティを受け取るというシステムになっています。

フランチャイズのメリット

では、フランチャイズのメリットについて確認していきましょう。実際に儲かるかどうかですが、フランチャイズと自分で一から独立して開業することと比べると、売り上げの粗利がすべて自分のものになる独立開業の方が利益という点では上です。
ところが何もない状態から独立して開業し、一定の利益を得るというのは並大抵の努力ではできません。実際に独立開業を夢見た多くの人が満足に利益を上げることも出来ず短い期間での閉店を余儀なくされています。
一方、フランチャイズであれば店舗や設備などがあらかじめ準備された状態からお店を始めることが出来ます。そしてフランチャイズ展開をしている企業はほとんどが誰もが名前の知っている有名店ばかりです。有名店は多くの人から信頼を得ているので安定してお客さんが来店しやすくなります。

© Copyright Franchising Right. All Rights Reserved.